社会福祉法人 備前市社会福祉協議会へのお問い合せ

社会福祉法人 備前市社会福祉協議会は「市民参画及び市民主体を基本とした福祉コミュニティづくり」に取り組んでいます。

社会福祉法人備前市社会福祉協議会

rss



ボランティアセンター

ボランティアセンターとは

ボランティアセンターとはボランティアセンターでは、だれもが自分のできる範囲でボランティア活動に参加できるよう条件整備を行うとともに、市内のボランティアグル―プの活動の紹介、ボランティア登録・派遣などを行っています。
また、いつでもだれでもが気軽に立ち寄れるボランティアの活動拠点でもあります。

備前市社会福祉協議会では、備前本所日生支所吉永支所がボランティアセンター業務を行っています。ボランティア活動をしてみたい方・まずは話を聞いてみたい方は、お気軽にお問合せください。
このページの一番上へ

ボランティア活動とボランティア保険

ボランティアという言葉の意味

「ボランティア」の語源は、「意志」 「善意」 の意味をもつラテン語の ≪VOLUNTAS(ボランタス)≫ だといわれています。

「ボランティア」とは、「自分自身の、自由な意志によって、援助のためにすすんで行動する人」といえるでしょう。

一人ひとりの自由と信念が尊重され、誰もが安心してくらせる平和な社会を創ることに、自分の考えで、金銭を目的とせずにかかわっていくことが"ボランティア活動"なのです。
このページの一番上へ

ボランティア活動とは

ボランティア活動には、誰でも参加できます。子ども、学生、社会人、シニア世代、自分の興味や関心、時間の余裕や生活スタイルにあわせて参加できます。

ボランティア活動には、学校や職場では得られない「出会い」と「気づき」、そして「学び」があります。
活動を通して、自分の街で、そして、社会で起きていることに気づくでしょう。
出会った人々の生き方に触れ、自分の生活を見つめなおすきっかけを得られることでしょう。
また、年齢、職業、国籍を超えたさまざまな人々のつながりの輪に入ることができるでしょう。
ボランティア活動とは
ボランティア活動は、気軽な反面、自分の考えではじめたこととして、やり遂げる責任も大切です。
また、他の人々の考えを尊重しつつ、お互いの違いを認め合うことも必要です。

ボランティア活動を始める時も、場所も、きっかけもさまざまです。自分らしさを大切にしながら、あなたも、ボランティア活動の第一歩を踏み出してみませんか。

ボランティア活動をすすめる上で大切にして欲しいポイント、よくいわれる4つの原則をご紹介します。

ボランティア活動4つの原則

「私もなにかしたいな、やってみたいな」
(1) 自分からすすんで行動する─「自主性・主体性」
ボランティア活動は、自分自身の考えによって始める活動であり、だれかに強制されたり、義務として行うものではありません。友人から誘われた、学校や会社の行事として参加した、テレビや新聞で見かけた...どんな小さなきっかけでも、あなた自身の「やってみよう」という気持ちから、ボランティア活動がはじまります。
「仲間がいれば・・・」
(2) ともに支え合い、学び合う─「社会性・連帯性」
私たちの社会には、さまざまな課題が存在しています。こうした課題を発見し、改善していくためには、一人ひとりが考えること、多くの人々と協力しながら行動することが大切です。ボランティア活動では、ともに支え合い、学び合いながら、一人ひとりが力を合わせて活動することが必要です。
「活動は、楽しみ・いきがい」
(3) 見返りを求めない─「無償性・無給性」
ボランティア活動を通して、さまざまな人々と何かを成し遂げ、つくりあげた時、お金では得られない出会いや発見、感動、そしてよろこびがあることでしょう。ボランティア活動は、報酬や金銭的な見返りを第一目的としない活動です。 (ただし、交通費や食費、材料費などの実費弁償については無償の範囲としています。)
「新たなこともつくっていける」
(4) よりよい社会をつくる─「創造性・開拓性・先駆性」
目の前の課題に対し、何が問題で、改善のためには何が必要で、どう解決すればよいか。ボランティア活動では、枠にはまった考え方にとらわれることなく、自由な発想やアイデアを大切にしながら、方法やしくみを考え、行動を創り出していくことが大切です。
このページの一番上へ

活動の上で気をつけたい4つのポイント

無理なく継続できる計画をたてよう!
会社や学校、その他の予定などをよく踏まえ、自分の生活にあったペースで活動しましょう。 無理をしないことが長つづきの秘けつです。
相手や関係者の立場を尊重しよう!
自分の思い込みだけで行動するのではなく、まず、相手が何を必要としているのかを知ることが大切です。 そして、活動先の方や他のボランティアたちとのチームワークを保ち、違いを認め合いつつ共通の目標が何かを常に忘れないことが大切です。
約束・ルールは必ず守ろう!
自分の意志ではじめたボランティア活動、相手がある活動ですから、活動には責任が伴います。 相手と相談して決めた活動内容や時間を守る、活動で知り得た個人情報をむやみに話さないなど、活動先での約束やルールは必ず守りましょう。
ボランティア保険に入ることをおすすめします。
ボランティア保険は、ボランティア活動中や、活動先と自宅の行き帰りに起きた事故などを保障する保険です。ボランティア活動のリスクに対応するため、活動の際には保険に入ることをおすすめします。ボランティアセンターまたは社会福祉協議会で加入することができます。ボランティ保険について詳しく知りたい方は、「ふくしの保険」ホームページをご覧ください。
このページの一番上へ

トップページへもどる

社会福祉法人 備前市社会福祉協議会 〒705-0001 岡山県備前市伊部2523-3
TEL : 0869-64-3033 FAX : 0869-64-3689